2010年3月13日土曜日

東京に帰る、マカッサルに帰る

区切りがついて、今のマカッサルでの業務は終わるが、マカッサルやスラウェシとの付き合いが終わるわけではない。マカッサルを(取り合えず)去るという感慨は、あまり感じない。

たとえば、Facebookなどを通じて、地球上のどこにいても、Friendsとはずっとお付き合いしていける。今どこで何をしているか、インターネットにつながっている限り、好きなときに言葉を交わせる。学校の卒業式で歌った「仰げば尊し」の時代ではもはやないのだ。もっとも、それがちょっと味気なかったりする気もするのだが。

私にとって、妻子のいる東京と同じぐらい大事な場所がマカッサルである。このところ、東京に帰る、マカッサルに帰る、と無意識に言っている自分がいる。マカッサルは行き先ではなく、帰る場所なのだ。だから、4月末以降も、マカッサルからちょっとよそへ出かける、という感覚になるのだと思っている。

今、マカッサルでちょっと計画していることがある。うまくいけば、4月末にはそれを読者のみなさんにお知らせできると思うのだが。

2 件のコメント:

Rachel ransya さんのコメント...

こんにちは私の名前は、松井の学校には、SMA 5で私を紹介fauzanサー
私は美しいjalan.boulevard komp.nusa数で私はそこに住んでいたと私は、マスターとマカッサルで彼は非常に忙しいとホストの良いman.if松井だった日本領事館の生活を知っていたと思うのマスター後藤晃の隣に住んでA1を家のライブマカッサル自由時間を私は、紳士が私の家を訪問することができますし、彼女のすべての日本の国については、美しさを語ったので、私は、ステートフェア日本 matsui.fauzan愛藩主に感謝を期待

daengkm さんのコメント...

Dear Rachel Ransya san,
Thank you for your comment. Unfortunately, your automatic translated Japanese is not able to be understood by ordinary Japanese people. Please kindly send your comment in English or Indonesian. Thank you.